(有)オカケン

日本を代表するシェフ達が認める究極の隠し味「鶏と豚のスープの素」 このたびラベルを、新たにいたしました。

  • (有)オカケンの画像1
住所 〒950-0912
新潟市中央区南笹口1-10-14
電話 025-244-0551(代)
FAX 025-247-0485
E-mail m-yamaguchi@mtg.biglobe.ne.jp
ホームページ http://www.niigata-e.net/html/2010A016.html
プレゼント内容 鶏と豚のスープの素」【1本×10名】 10名

このたび、包装箱を制作致しました。
ご贈答用にお使いください!

★★「鶏と豚のスープの素」を10名様にプレゼント★★

プレゼントに応募する

★★1本からでも注文賜ります★★
鶏と豚のスープの素濃縮タイプは300g 2,052円(税込み)。冷蔵庫で1年間はもちます。炒め物なら140回分、ラーメンスープなら100杯分は使え て大変お得です。中華はもちろん、和食(特に煮物・茶碗蒸等)、洋食の他、なんにでもスプーン一杯で味にふくらみが増しおいしくなること間違いなし!料理 の素として是非お試しください。
※送料756円(税込み)、15本以上御注文頂いた方は送料無料。

★★★御注文書はこちらから★★★

注文先 オカケン TEL:025-244-0551 FAX:025-247-0485
FAX(24時間OK)またはTEL(9時~18時)でお願い致します

 

▲中国料理界のアーティチスト安川哲二さん。「オカケンスープは、少量でもOK。塩分も少なくて、とても使いやすい隠し味。家庭料理は餃子などに最適!」(原宿龍の子) ▲山口社長は、日本を代表する多くの料理人から人望を集めるのみならず業界以外の人との交流も多い。元ジョッキーで、テレビ東京「競馬中継」解説者の吉沢宗一さんもその一人。
▲スープの素を使ったドレッシング ▲日本を代表するシェフ達が認める究極の隠し味。本当は教えたくない「オカケンスープ」新潟にあり!(鶏と豚のスープの素)
このたびラベルを、新たにいたしました。
▲全国から続々と寄せられる礼状と注文。1本からでもOK。是非お試しください。 ▲「女性自身」「すてきな奥さん」など雑誌の料理特集にも取り上げられている。
「銀座鮨かねさか」金坂真次さんも太鼓判!

「『香り』『味』『余韻』の3拍子が揃ったスグレモノ。何より山口社長の人柄と物作りの姿勢がにじみ出ている『芯の強い』味です!」

「オカケンスープ」はあっさりしているにもかかわらず、味は非常にシッカリしたスグレモノです。スープの素にもいろいろあって「味があってもコクが無い」 ものも結構多いのですが、この「オカケンスープ」はオススメの逸品です。料理には「香り」「味」「余韻」の3拍子が必要ですが、このスープは全て揃ってい ます。何より山口社長の人柄と物作りの姿勢がにじみ出ている「芯の強い」味です!(金坂さん)

 

詳しい案内チラシはこちら
御注文書はこちら

業務用もございます!
ご相談に応じます!!

TEL 025-244-0551

日本を代表するシェフ達が認める究極の隠し味
本当は教えたくない「オカケンスープ」新潟にあり!和洋中問わず、少量で、専門店の味が!!

このスープにたどり着くために、厳選された原材料を使い試行錯誤が繰り返された。
多くを語らぬ物静かな印象の山口社長だが、究極の味を追求する真摯な姿勢がある。長年の研究成果が結実し、和洋中問わず、少量のスープの素で、家庭でも専門店の味が作れます!
いまや東京都内の専門料理店やレストランなどをはじめ、日本全国に「オカケン」ファンが急増中。「女性自身」「すてきな奥さん」をはじめ料理関係の本にはほとんど取り上げられている。
山口社長は、日本を代表する多くの料理人から人望を集める。元ジョッキーで、テレビ東京解説者の吉沢宗一さんもその一人。「以前は食べるものを制限していたが、今ではこのスープは手放せない…」とか。

中国料理界のアーティスト「安川哲二さん」は…

特に高級なスープには欠かせません。鶏がらを入れれば一段とうまみが増します。チキンパウダーもありますが、「オカケンスープ」のペーストははるかに上。 山口社長と一緒に仕事をして10年以上になります。悪ければ使いませんが、ずっと使い続けてきました。少量でOK。塩分も少なくて、とても使いやすい「隠 し味」です。手ごろなところでは餃子などにも最適です。実は、料理教室の生徒さんにも小分けしていますが、評判が良いです。

★★代表レシピ★★
■スープの素を使ったドレッシングの作り方
スープのうま味を生かした万能ドレッシングです。様々なお料理にかけてお楽しみください。
<材料>
酢大サジ6、サラダ油大サジ6、胡麻油大サジ2、コショウ小サジ1/3、塩小サジ4、スープ200CC(お湯200CCに対してスープの素2g)、レモン輪切り4枚、トマトケチャツプ大サジ1
■スープの素を使った玉子のおじや
鍋の中にお湯800ccとスープの素10gを入れ、ごはんを加え水分が程よくなくなってきたら、しめじ、玉子、万能ねぎを加えお召し上がり下さい。
<材料>
ごはん160g(茶碗約1杯分)、玉子1個(とき玉子)、万能ねぎ1/4本(みじん切り)、しめじ30g、(まいたけでも可)、鶏と豚のスープの素10g
■料亭風冷やし素麺
お湯、スープの素、醤油、塩を鍋の中に入れ煮立たせてください。ボウルの中に水と氷を入れ冷ましてください☆ポイント☆油が凝固するのでスープを冷ます時 にサランラップを使って表面の油を取ってください。スープの濁りを防ぎます。そうめんを湯がいて冷やし、器の中にスープ、そうめんを入れ具材を盛り付けて ください。
<材料>
材料(3人分)、みようが9g(千切り)、きゅうり21g(千切り)、蒸しえび3尾、しいたけ12g(千切り)、錦糸卵9g、温泉卵3個、蒸し鶏(千切り)21g、そうめん3束、お湯600cc、鶏と豚のスープの素10g、醤油小さじ1/4、塩小さじ1